松戸市リフォーム会社口コミナビ【地元で評判の業者がわかる】

松戸市リフォーム会社口コミナビは、市内の業者の評判を集めて掲載しています。リフォーム業者選びで失敗したくない方の為の情報サイトです。

リフォームに欠かせない石の種類と用途

      2013/12/18

庭の石 お庭や壁のリフォームに欠かせない「石」にも様々なものがあります。
そして、石の表面の仕上げ方にも様々なものがあり、小叩きなんて言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。
小叩きとは、石の表面仕上げの方法の事をいいます。
住宅においては、主に外溝や玄関周りに石材は用いられます。
その際に石の仕上げ方法なども知っておくと、庭作りや外溝、玄関づくりに役立ってきます。

【住宅で使われる石には大きく分けて7種類あります】
仕上げの前にまず、住宅用に用いられる石の種類は7種類ほどあります。
「白みかげ石」「大理石」「砂岩」「石灰岩」「安山岩」「凝灰岩」「粘板岩」です。
だいたいの石が石壁や塀、敷石などに使われています。
大理石など一部の石は、内装関係でも使用されています。

【石の加工にも様々なものがあります】
そしてそれぞれの使用用途に合った仕上げ加工がされていきます。
主な仕上げは、小叩き以外に「割肌仕上げ」「のみ切り仕上げ」「ビシャン仕上げ」「ジェットバーナー仕上げ」「本磨き仕上げ」があります。
割肌仕上げは、石の原石を人工的に割ったままの表面です。
そのためごつごつした感じがあり、重厚感があります。
壁などに用いられるケースが多いです。
のみ切り仕上げは、割肌のこぶを取りながら平坦に仕上げたものになります。
平坦といっても完全に平らにするのではなく、「荒のみ切り」「中のみ切り」「上のみ切り」など仕上げには段階があるようです。
ビシャン仕上げは、わりと石の表面が平らになる仕上げ加工です。
敷石などに使用されます。
小叩き仕上げは、ビシャン仕上げの後にさらにくさび状のハンマーで約2mmの平行線上に細かい粒の刻み目をつけた仕上げです。
表面に上質なイメージを持ち、屋内外共に使用されています。

ジェットバーナー仕上げは、石表面に冷却水を散布しながら、加熱用バーナーで表面を焼き付け、結晶を弾かせて仕上げる方法です。
文章では表現しにくい仕上がりですが、自然な風合いと、滑り止めの効果が高い点から人気の仕上げ方法となっています。
本磨き仕上げは、石の表面を細かい磨石で研磨し、ツヤをだす仕上げ方法です。
床や壁、棚など幅広い場所で活用されています。

このように、単に“石”といっても石の種類や仕上げによって、印象は変わってきます。
少々マニアックな話にはなってしまいますが、もしお庭のリフォームをお考えの方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

松戸リフォーム情報ブログ関連記事:
庭のリフォームでの注意点
カーポートの工事を検討されている方へ

ちゃんとリフォーム会社を評判から選んでいますか?

松戸市で評判の良いリフォーム会社
≫松戸市内で評価の高いリフォーム業者リストをチェックしてみる

 - 松戸リフォーム情報ブログ ,