松戸市リフォーム会社口コミナビ【地元で評判の業者がわかる】

松戸市リフォーム会社口コミナビは、市内の業者の評判を集めて掲載しています。リフォーム業者選びで失敗したくない方の為の情報サイトです。

屋根の傷みを見逃さないでください!

      2013/12/25

屋根 建物の耐震性というと、建物の基礎や建物自体を気にしがちですが、屋根も重要な要素になります。
一般的に重たい屋根よりは、軽い屋根の方が耐震性は優れているとされています。
瓦の屋根よりカラーベストなどの方が建物自体の耐震性は向上します。
外見上はそのように分かりやすいですが、屋根の構造体も一つのポイントになってきます。
素人では分からないことですが、屋根は“小屋組(こやぐみ)”という骨組みで構成されています。
小屋組も「和風小屋組」と「洋風小屋組」に大きく分けられます。
いずれの場合も、小屋梁、母屋、垂木、棟木などから構成されています。
雨漏りや過去に大きな地震に見舞われていない限りは、通常傷みにくい部分ですが、中には構造体そのものに欠陥がある住宅もあるようです。

【屋根に欠陥があった場合のリスク】
欠陥をそのまま放置しておくと、大地震の際に屋根から崩壊する恐れもあります。
欠陥の事例としては、「振れ止めの施工忘れ」があります。
これは建築基準法に違反する建築になりますが、どうも木造の建売住宅などでチラチラあるようです。
2004年に発生した新潟県中越地震でも、屋根がそのままの形で崩れ落ちる映像がありました。
振れ止めの施工忘れが原因と考えられるケースも多かったようです。
振れ止めとは、梁や小屋束の下端が単独で動かないように固定する部材です。
似たような部材に「雲筋交い」というものがあります。
これは小屋組全体が倒れないようにする役割を持っています。
このあたりの部分は、プロでも勘違いするケースが多いようで、「振れ止め」を忘れるケースがあるようです。

【プロの目で見てもらうのが一番です】
今の家がきちんと施工されているかどうは、素人では判断できないところになります。
プロの方にチェックしてもらうとか、お近くのリフォーム店さんに相談してみるといいかもしれませんね。
建物の耐震性というと、建物の下部ばかりを気にする傾向が強いですが、上部も重要になってきます。
バランスのとれた家で生活すると、安心して日々の生活を楽しむことができますね。

松戸リフォーム情報ブログ関連記事:
屋根のリフォームのポイント
古くなった屋根のリフォームについて

リフォームをどう進めたら良いかネットで調べているあなたへ

最もリフォームを行う上で大事なのは、『どんな事を相談しても信頼できる業者』を見つける事が重要です。

≫ 松戸市内で信頼できると評判のリフォーム会社とは?

ちゃんとリフォーム会社を評判から選んでいますか?

松戸市で評判の良いリフォーム会社
≫松戸市内で評価の高いリフォーム業者リストをチェックしてみる

 - 松戸リフォーム情報ブログ