松戸市リフォーム会社口コミナビ【地元で評判の業者がわかる】

松戸市リフォーム会社口コミナビは、市内の業者の評判を集めて掲載しています。リフォーム業者選びで失敗したくない方の為の情報サイトです。

【お風呂】ユニットバスの床も日々進化しています

      2014/04/30

お風呂の床 今ではほとんどのユニットバスに採用されている機能に「カラリ床」があります。
カラリ床という言葉自体はTOTOの物ですが、同じ機能の床は、イナックスやタカラスタンダード、ヤマハリビングテックなどのユニットバスメーカーで採用されています。

【カラリ床の特徴】
浴室床の水はけ性を向上させて、カビの発生や汚れをつきにくくした特徴があります。
従来の床に比べると乾くスピードも速く、浴室の利便性が大幅に向上しています。
浴室を乾燥室として利用することも、ストレスなく実行しています。(浴室乾燥機の利用)
最近ではこのカラリ床をさらに進化させた「ほっカラリ床」というものが登場しています。

【ほっカラリ床とは】
従来の浴室の床というと、冬場は冷たくてさっさと湯船につかりたい物でした。
しかし、ほっカラリ床は今までと違って冷たくありません。
感覚としては畳のような心地よさで、冷たさ以外にも柔らかさの対策も取られています。
その快適さの秘密は、床の構造にあります。
まずユニットバスのベースの上に「断熱床パン」という断熱材が仕込まれています。
素材には発泡ポリプロピレンが利用されています。
その上に断熱クッションが設けられており、これは発泡ウレタンが使用されています。
断熱性保持以外に衝撃吸収や防音効果があります。
そしてその上は床表面になりFRP性のカラリ床が設置されています。
このように何層にも及ぶ断熱材で浴室の温度を保ち、快適性を保持しています。
2012年に行われたお客様アンケートでは、93%の方が満足して利用しているようです。
特に小さいお子さんがいるところでは、浴室の床に座ってもお尻が冷たくなく、また膝をついても床が柔らかくて足が痛くなりにくい特徴があります。
高齢世帯以外にも、子育て世代には絶好のお風呂といえそうです。
TOTO以外にも同じような機能を備えたユニットバスは販売されていますが、こうした快適性においてはTOTOが最先端をいっているように思います。
価格自体は少し高いですが、その分満足度も高いメーカーといえそうですね。

松戸リフォーム情報ブログ関連記事:
バリアフリー工事のススメ
安全性を重視したお風呂にしたい方へ

ちゃんとリフォーム会社を評判から選んでいますか?

松戸市で評判の良いリフォーム会社
≫松戸市内で評価の高いリフォーム業者リストをチェックしてみる

 - 松戸リフォーム情報ブログ